【受験対策にお勧め】関西エリア人気の家庭教師が最適

しっかりした準備が肝心

本と眼鏡

計画的に学習

多くの私立中学校では、中学に入学した段階の保護者会で、大学入試を意識させる発言、説明をすることが一般的です。こうした学校では、中学入学時点から、高校卒業までの間を大学入試に向けた期間、と位置付けていることが多いのです。そのため、学習進度は早く、中学校3年生終了時点では公立の高校一年生までの範囲を終えているのです。そして、高校に入ると同様に2年生時点で、高校3年間で終えるべき内容をすべて学習し、高校3年生のときは受験対策に充てるという方法をとっています。公立の学校に通いながら、こうした私立中高一貫校の生徒に対抗して、難関大学入試を成功させるためには、学校の授業だけでは十分とは言えない場合も出てきます。そこで、毎年多くの現役生の受験成功者を輩出している実績のある塾、予備校を利用することを視野に入れる必要があるかもしれません。学校では学ぶことができないような応用問題や解法に触れることができるだけではなく、志望大学に合格するために、何をすべきか、ということを実践で身に付けることができます。また、学校内では同じ学校を目指す仲間が少ない場合でも、塾や予備校には多く集まっているため、目的意識をしっかりと持ち続けることができます。こうした塾や予備校では、春休み、夏休み、入試直前の追い込み時期と、各段階で何をすべきかという指導をしてくれるため、はじめての入試で不安な気持ちをしっかりサポートしてくれるのも強みになります。