【受験対策にお勧め】関西エリア人気の家庭教師が最適

総合的な能力が必要です

勉強

ao入試とは、大学入試において筆記試験だけではなく面接や志望理由書の内容で合否を決める試験を言います。大学がao入試を行う理由は、筆記試験だけで審査をした場合は、暗記主義の学生やコミュニケーション能力が足りない学生が高い点数となるケースがあるからです。ao入試とは、そのような筆記試験の弊害を予防できる試験制度です。ao入試とは、面接において試験監督が予想外の質問をして、学生の反応を試す点にもメリットがあると指摘されています。すなわち、臨機応変な対応が可能な学生は、就職においても学術研究においても、高い成果が期待できるからです。また、ao入試とは面接だけではなく、志望理由書も重視される試験制度です。志望理由書には、その学生の熱意や文章構成能力が如実に表現されます。論理的にわかりやすい文章を書ける学生は、大学入学後のレポート作成などにおいて、高い成果が期待できます。またao入試においては、面接の対応でハキハキと答える姿勢が大切となります。面接の場面で、コミュニケーションが取れない学生は評価が低くなり、不合格となるケースもあります。そのため、予備校などではao入試対策に力を入れている学校も多いです。面接では、自分の考えを他人にわかりやすく説明する能力も大切となります。また面接官に自分がどのような長所と短所があるかについても、端的にアピールする事ができると評価が高まります。そのため事前の準備が大切となります。