人気の高いクラレックスの種類について確認
ロゴ

New raw materials

基本的なプラスチックの加工方法とクラレックスの種類や特徴を紹介

様々な加工方法

プラスチックの加工といっても、その方法は様々です。まずは、どのような加工方法があるのか確認していきましょう。加工方法が分かれば、プラスチックに関する知識を増やすことができるのです。今回はランキング形式でプラスチックの加工方法をお教えしていきます。

プラスチック加工方法3つ

no.1

曲げる

プラスチックの加工方法として「曲げる」が有名です。凹凸の型を取り付けたプレス機でプラスチックを挟み込み、曲げていくのです。この時、熱を加えることでプラスチックを曲げることができます。最も一般的な加工方法と言えるでしょう。木型や樹脂型、金型と形成型の種類も豊富です。

no.2

切削

プラスチックを切ったり削ったりするのが「切削」です。電動工具などを使ってプラスチックを切って加工します。また、切ったプラスチックの断面は荒くなりやすいので、カンナなどで削って滑らかにすることが多いでしょう。頻繁に用いられる加工方法です。プラスチックを切るための工具の種類もたくさんあります。

no.3

貼る

「貼る」もプラスチックの加工で多く用いられる方法です。溶剤によって溶かした後に、プラスチックを接着することが多いでしょう。他にも重合接着や熱風溶接などを用いて接着します。プラスチック同士をくっつけることができるのです。また、溶剤接着の方法によっては、高度な技術が必要となることもあります。

人気の高いクラレックスの種類について確認

ウーマン

精密板の特徴

クラレックスの中でも多く利用されているのが、精密板です。ガラスよりも、光線透過性が高いのが特徴でしょう。全光線透過性は90パーセントを超えています。また、分子量の高さも注目すべき点です。光学特性だけではなく、優れた耐候性も有しています。表面硬度が高く、色調も豊かです。光学フィルターやセンサーフィルターなどに用いられています。

ノングレア板の特徴

セルキャストアクリル板の一つがノングレア板です。特徴としては、使用用途によってノングレアタイプを選べることでしょう。クラレックスの中でもノングレア板は、コーティング方式ではありません。そのため、耐久性はとても高くなります。また、片面や両面の加工を選べるのも嬉しい要素でしょう。ディスプレイにノングレア板を活用するとコントラストを向上させることもできます。防眩パネルに活用可能です。

ハードコート板の特徴

ハードコート板は、精密板と同様に光線透過性に優れています。プラスチック板業界でも、最高峰クラスの表面硬度を誇るのがハードコート板最大の特徴でしょう。また、ガラスと同じような超平滑性を持っています。また、ノングレア板などの製品とも組み合わせて使うことができるので便利です。モニターや全面保護版などとして活用することができるクラレックス製品の一つとされています。

スモーク板の特徴

スモーク板は色調が豊富なセルキャストアクリル板の一つです。クラレックスの中でも、各種ディスプレイに使われることが多いでしょう。コントラストを向上させることができるのです。表面形状を変更することもでき、ノングレアやフラットなどが人気でしょう。また、各種コーティングの付加も可能です。車載用のメーターパネルや各種ディスプレイに使用すると良いでしょう。

クラレックスの口コミ

薄くて使いやすい

薄いアクリル板がないかと思って探していました。そこで見つけたのが、クラレックスだったのです。特に、精密板なら板厚が0.2㎜の製品があって、正直驚きました。こんなに薄いアクリル板があるとは思っていませんでしたのでね。やはり薄いと使いやすくて良いですよ。

防眩パネルに活用

ディスプレイの防眩に使えるアクリル板を探していました。そして、最終的にはクラレックスのノングレア板を選ぶことにしたのです。ノングレア表面の耐久性が高いのが嬉しいですね。防眩効果も申し分ないので、クラレックスを選んだことには満足しています。

光学フィルターに

表面硬度の高い光学フィルターが欲しくて、クラレックスのハードコート板を選びました。平滑性も良く、クラレックスにして良かったと思っています。他の製品との組み合わせも自由なのが便利ですね。光線透過性も高く、とてもクリアです。もちろん、表面硬度も満足できるものですよ。

広告募集中